お年賀ののしはどんな書き方をしてどこへ貼る位置にしたらOK?

お正月といえば新しい年の御挨拶。それも大切な人への御挨拶となるとお年賀は欠かせません。
お年賀とはお年始の御挨拶に、直接手渡しする手土産のことをいいます。
手渡しするときにお年賀ののし紙の書き方、貼り方が間違っていたら恥ずかしい思いをしてしまいます。

スポンサーリンク

お年賀ののしはどんなのがよい?

のし+水引(蝶結び)


一般祝事、お中元やお歳暮などには、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用。紅白の他、金赤、さらに特別な場合には金銀も。別名「花結び」。

結婚の挨拶ならこちら:のし+水引(結び切り)


固く結ばれて離れないことから、主に婚礼関係の祝事に使用。水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、“夫婦は二人で一つ”という意味で5本を二つに合わせたものを一組とするため。

スポンサーリンク

お年賀ののしにはどんな書き方をしたらよい?

表書き

のし紙の上段中央には表書きを記します。
この際文字が水引や熨斗にかからないよう書きます。
1月1日から1月7日または15日までの松の内は「御年賀」や「御年始」でいいですが、年始の挨拶に伺う場合です。お礼やその他の用事で行く場合はその用途に合わせます。ちなみに年内(年の暮れ)に渡すのであれば「お歳暮」になります。
「寒中お見舞い」はお歳暮を貰ったけど「お歳暮」として返せなかった、返したくなかった、そういった時にお年賀が終わった頃から使います。なので喪中の場合でなくても使います。

名入れ

下段には表書きより少し小さく贈り主の名前を書き入れます。
贈り主の名前は、個人で贈る場合はフルネームで書くのが一般的です。家族を代表としてうかがうのであれば、苗字のみを書きます。

書く時は黒墨の毛筆を使用することが正式とされていますが、最近では筆ペンやサインペン、フェルトペンで書かれることも多くなりました(ボールペンはNGです)。
とは言っても、重要な贈り物や目上の方には毛筆もしくは筆ペンで書くことが礼儀です。また、自己流の崩した文字も失礼に当たりますので、できるだけ丁寧に楷書で書着ましょう。

お年賀ののし貼る位置は内のし?外のし?

外のしで良いです。先様にどんな目的で贈ったかが即座に伝わるため、包装紙の上に貼る「外のし」が適切といえます。

品物に直接のし紙をかけ、その上から包装する「内のし」は、控えめに贈りたい場合や「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味がありますから、控えめな表現に感じる「内のし」はお勧め出来ません。

まとめ

「熨斗(のし)」の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきており、後に昆布や紙が代用されるようになりました。
現在は簡略化され、印刷熨斗や折り熨斗(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を使用したのし紙が一般的なマナーになっています。
それに加え、品物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化され、相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようにもなったそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする