バレンタインの意味とバレンタインデーとチョコの関係はいつから?

日本では、2月14日に女性が好きな男性に気持ちを伝えるためにチョコレートを贈る日と
なっています。最近では「友チョコ」なるものが登場していますが。

チョコレートを贈る日「バレンタインデ-」の由来と日本のチョコレートとバレンタインデ-の歴史をまとめました。

スポンサーリンク

バレンタインデーの起こり

聖バレンタイン

バレンタイン司祭は3世紀のローマの人です。
一説によると、当時の皇帝クラウディウス2世は、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。
これに反対したバレンタイン司祭は、皇帝の命に反し多くの兵士たちを結婚させました。このため皇帝の怒りをかい、ついに殺されたのです。
この殉教の日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は聖バレンタインとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日となりました。

愛の日

はじめのころ、聖バレンタインデーは司祭の死を悼む宗教的行事でした。
これが 14世紀頃からは若い人たちが愛の告白をしたり、また、一説には2月が春の訪れとともに小鳥もさえずりをはじめる、愛の告白にふさわしい季節であることから、この日がプロポーズの贈り物をする日になったともいわれています。

日本のバレンタインデー

バレンタイデーにはチョコレートのルーツ

・日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。
以後、多くのことが関係して「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定着し、今日のような盛んな行事になったようです。

・昭和33年(1958年)2月メリーチョコレート会社(東京)は新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出した。3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけでした。
・昭和34年(1959年)翌年ハート型チョコを作った。「女性から男性へ」という殺し文句を作ったのもその頃でした。

バレンタインデーが盛んに

・昭和30年代後半になるとバレンタインデーを積極的に売り出す動きも出てきました。
例えば、森永製菓では昭和35年(1960年)にバレンタイン企画を新聞広告などのマスコミを通して行ない、チョコレートの販売を促進しました。
・この時期にはバレンタインデー用のチョコレートをお買い上げいただいた方々を劇場に招待したり、景品には当時大変貴重であった腕時計をプレゼントとするという新聞広告もありました。
・各社がハート型チョコレートを発売したのもこの時期です。
・多くのチョコレート会社が「バレンタインデーにチョコレート」の販売戦略を進めていくうちに、昭和40年代末から50年代にかけて、女性のこころを捉えて徐々に盛り上がり、今日のように盛んな行事になったと考えられます。

日本のチョコレート事始め

日本にチョコレートが伝わったのは江戸時代のこと。外国(オランダ・中国)との交易の窓口であった長崎に、チョコレート伝来の記録があります。
寛政9年(1797年)3月晦日 長崎の遊女が“しょくらあと”を貰い請ける
長崎の著名な遊女町であった丸山町・寄合町の記録『寄合町諸事書上控帳』に、寄合町の遊女大和路が、出島の阿蘭陀人から貰い請けて届け出た品物の中に、“しょくらあと 六つ”の記載があります。
これが史料に記された日本で最初のチョコレートです。
長崎出島の阿蘭陀人は帰国に際し、使い古した蒲団や道具類などを遊女に与えており、それらは当人に払い下げられました。
『寄合町諸事書上控帳』は失われた部分も多く、この日以外にもチョコレートを貰い請けたり、届出をしなかったものもあったと考えられ、長崎ではチョコレートは異国の珍品として知られていたようです。

スポンサーリンク

日本のチョコレート工業生産の始まり

チョコレートの普及にともない、家内工業から工場生産へ

明治32年(1899年)森永商店(現森永製菓)、チョコレートの製造をはじめる
この年、森永商店は、輸入原料チョコレートからクリームチョコレートの生産をはじめました。日本のチョコレートの工業化のはじまりです。
明治37年(1904年)10月にはクリームチョコレートの広告を報知新聞紙上に出しています。
明治42年(1909年)には板チョコレートの生産・販売をはじめました。我が国最初の板チョコです。

大正2年(1913年)不二家洋菓子舗(現不二家)がチョコレートの製造・販売をはじめる

大正3年(1914年)芥川松風堂(現芥川製菓)がチョコレートの製造・販売をはじめる

大正7年(1918年)東京菓子(のち明治製菓・現明治)、チョコレートの製造をはじめる

日本のチョコレート工業生産の中断・再開・隆盛

昭和になると、チョコレートメーカーが多数参入し、多くの製品が市場にならぶようになりました。
チョコレートの嗜好が一般に受け入れられて大衆化し、消費の対象が広範囲となってきましたが、それもつかの間、長い戦乱の時代となり、チョコレートの生産も中断されました。
そして戦争が終わると、チョコレートへの熱は一気に高まっていきました。

昭和12年(1937年)カカオ豆などに輸入制限令が発令
我が国の海外での戦線の拡大とともに軍需用品以外のものに制限が加えられるようになりました。
昭和15年(1940年)には、軍需用以外のチョコレート製品の製造が中止させられました。
また、不要不急の金属資源として供出させられたチョコレートの製造設備もありました。

昭和16年(1941年)ビターチョコレート代用品の研究
主原料であるカカオ豆の輸入は途絶しましたが、チョコレートの愛好家のために、国内の資源を使った代用品の研究が行われました。
チューリップや鉄砲百合の球根、決明子、落花生粕などを主原料とし、植物油、バニラを加えた代用品の開発に成功しました。
しかし大量生産や一般販売にまでは至りませんでした。

昭和20年(1945年)米軍放出チョコと代用グルチョコの生産
戦争終結後、外国産チョコレートが、外国人向け商社や進駐軍PX(軍隊内販売所)用、ホテル販売用などの正規ルートの他、非正規ルートでも国内に放出されて流通しました。
カカオ豆の輸入ガ途絶えていたチョコレート業界では、グルコースを主原料とし、これに原料統制外の薬品用ココアバター製造の副産物であるココア粉などを配合し、チョコレートを模した代用グルコースチョコレートが開発・生産されました。
甘いチョコレート風味を望む消費者の需要に供給が追い付かないほどの売れ行きを示しました。
昭和24年には、東京都復興宝くじの景品用として、約80万枚のグルチョコが納品されています。

昭和26年(1951年)日本のチョコレート生産再開
この年、輸入外貨資金割当制度によりカカオ豆の輸入がはじまり、チョコレートの生産が順調に進展しはじめました。
チョコレートメーカーも多数が復興し、需要も増加していきます。

昭和35年(1960年)カカオ豆・ココアバターの輸入自由化
バラエティに富んだ多くのチョコレート製品やココア製品が世に出てきて、今日のチョコレートの隆盛がはじまります。

まとめ

大戦の時代には、チョコレートの生産も中断され、戦争が終わると、チョコレートへの熱は一気に高まっていきましたが、自由な貿易が出来るまでは時間がかかりました。
やっと訪れたカカオ豆・ココアバターの輸入自由化によって本格工業生産とその販売にうまくバレンタインデーがマッチしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする