スマートフォンの遅い動作をすぐに解消じっくり見直し奥の手は

手に入れた当時は快適に動いていたスマホ・Androidも数年するともどかしい重い遅い動きになってきます。買い換えるにはまだどうもと思われる方に、すぐに解消出来る方法から中を見直して快適に使う方法・最後の奥の手までをまとめてみました。

スポンサーリンク

1.スマートフォンの遅い動作解消をすぐに

Androidを再起動する

最も効果的で手軽な方法として「スマホの再起動」です。
定期的に再起動する事をお勧めします(1日1回程度)。RAMをクリアしてくれて一気に軽く動くようになります。
電源ボタンを長押しして「再起動する」を押すだけです。これで暫く待っていれば自動的に再起動される。
寝る前にでも再起動しておけば、翌朝には快適なAndroidになっています。

メモリ最適化アプリを使う

使っていないアプリのプロセスを終了してメモりを解放することで、スマホの動作を快適に出来、節電効果も期待できます。
無料でいろいろありますので、インストールして試してみて下さい。

バックグラウンドアプリの停止

(裏で実行中のアプリを停止する)
画面上でアプリは終了しても、バックグラウンドで実行しているアプリがあります。それを手動で停止させるのですが、Androidがスマホとして動くために確保しているアプリもあるので、起動させた見覚えのあるアプリを停止するようにしましょう。

手順は「本体設定」⇒「アプリケーション」⇒実行中のアプリ⇒停止させたいアプリをタップ⇒「停止」をするだけです。

スポンサーリンク

2.スマートフォンの動作の遅いを見直す

ライブ壁紙を使わない

ダイナミックな背景を演出してくれるライブ壁紙は、メモリを使うものですのでし、壁紙を表示しているうちは処理速度に直接的に影響するCPUも利用されてしまいます。

手順は「本体設定」⇒「ディスプレイ」⇒「壁紙」⇒「壁紙」などの「ライブ壁紙」以外を選択して下さい。

不要なウィジェットを消す

ホーム画面にウィジェットやアイコンを置けば置くほど、あなたのAndroidの動きがどんどん重くなっていきます。ウィジェットは常に起動されている「常駐アプリ」で、メモリを確保続けることになります。
ウィジェットは削除してしまうか、利用頻度の高いものだけにすることをお勧めします。

不要なアプリをアンインストール

「使っていないアプリをアンインストール」することです。使っているメモリが多くなるほどAndroidは重くなって行きます、使用していないアプリは積極的に削除しましょう。
注意点としては、「ホーム画面から削除しても、アンインストールにはならない」ことです。アプリをアンインストールするには、

手順は「本体設定」⇒「アプリケーション」⇒アプリを選択⇒「アンインストール」の順に行うことです。データも削除されますので注意してください。

アプリをアップデートする

全てが対象ではありません、機能を追加するアップデートだけでなく動作速度や軽快さを改善させるたアップデートの時もあります。

スポンサーリンク

3.最後の奥の手

データの初期化をする

スマホのデータの初期化をし、スマホのリセットをします。バックアップをとって再度アプリをインストールします。
バックアップリスト
・電話帳(連絡先)
・通話履歴
・メール
・SMSのID・パスワード・メッセージ
・アプリのデータ
・写真や動画
・ブックマーク
など
おサイフケータイの情報は初期化前に忘れずに残高の移行作業をしてください。

それでも動作が遅いと感じるのであれば買い換えを

スマホの使い方とスペックが合わなくなったと思われますので、メモリ容量の大きな、OSが新しいスマホに買い換えるのがよいのではないでしょうか。

まとめ

永く使っているとスマホに愛着がわいてきたりしますよね。それでもどうも使う時に重いと感じきたときに試してもらえると幸いです。
最近は格安スマホも出ていますので、それをうまく利用した方が快適さを保てるのかもしれませんが、まずは試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする