伊豆の早咲きの桜河津桜まつりの渋滞駐車場情報、渋滞回避方法

「河津桜まつり」は、早咲きの桜「河津桜」の開花にあわせて毎年2月10日~3月10日に河津桜の原木がある静岡県賀茂郡河津町で開催される桜まつりです。
開催期間の1ヶ月で約100万人の来客があるため2月の最終土日、3月の第一土日をピークに土日は渋滞間違いありません。予想される渋滞とその回避方法を
まとめました。

スポンサーリンク

1.河津桜まつりの渋滞情報、駐車場情報

河津町に入るルートは

修喜寺を経由して伊豆中央の道(R414)
東伊豆の道(R135)
南伊豆の道(R136)
があります。

土日の渋滞情報

伊豆中央の道(R414)は上下とも大渋滞。
東伊豆の道(R135)も渋滞で、河津を先頭に下りは午後の早めから 上りは、午後遅くから伊豆高原を先頭に渋滞します。

駐車場
河津桜観光交流館周辺
河津駅周辺
河津町役場周辺
にあります。

料金 普通車 1台700円

2.河津桜まつりへの渋滞回避方法

伊豆急行から毎年発売されています。
「河津桜まつりパーク&トレインきっぷ」を利用して渋滞から回避します。

交通量の比較的少ない「伊豆スカイライン」を通行し
遠笠山道路(県道111)を通って伊豆急 伊豆高原駅に向かいます。
伊豆高原駅の駐車場に車を停めて、伊豆急で河津駅へいきます。

「河津桜まつりパーク&トレインきっぷ」
伊豆急伊豆高原駅~河津駅の往復乗車券
指定駐車場(収容台数:400台)+割引往復乗車券付き
1:発売期間 2月10日~3月10日
2:発売箇所 伊豆急トラベル伊豆高原(伊豆高原駅構内)
3:販売時間 9:00~17:00
4:有効期間 2日
5:発売金額 大人:1,320円(通常1,640円)、小児:660円(通常820円)
6:指定駐車場 伊豆高原駅「桜並木口」側P2~P5駐車場
7:駐車場料金 500円/1日

同じ発売期間で伊豆急下田駅まで乗れる「パーク&トレインフリーきっぷ」もあるようです。
伊豆稲取の「雛のつるし飾り」なども観光出来ます。
1:有効期間 1日
2:発売金額 大人:1,500円、小児:750円

スポンサーリンク

3.河津桜まつりのイベント情報

オープニングセレモニー
2月10日 AM9:00~
会場:河津桜観光交流館 大型①駐車場
伊豆の踊り子らによるテープカット等

桜並木 名木ライトアップ
日時:期間中毎日 18:00~21:00
場所:館橋下流、峰地区、河津七滝地区(午後6時より)

津桜ナイトウォーク(浜コース3km、いで湯橋3.5km)
集合場所:河津桜観光交流館駐車場
日時:2月最終金曜日 20:00~

伊豆の踊り子との記念撮影(無料)
日時:期間中の土曜・日曜 祝日10:00~15:00
笹原公園付近、かわづいで湯橋間にて実施

JA伊豆太陽農業祭
日時:3月第一土曜日 9:00~16:00
場所:河津バガテル公園
農産物品評会、農産物特産品販売他

まとめ

河津桜とは毎年2月上旬から咲き始め3月上旬までの約1ヶ月に渡り咲く早咲きの桜です。
花が大きくピンク色なのが特徴のこの桜は本州でも早咲きの種類に分類されます。
花はカンヒザクラとオオシマザクラの自然交配と考えられてます。
河津桜の原木を、河津町田中の飯田氏(故人)が1955年(昭和30年)頃、偶然発見したさくらの苗を、現在地に植えたものです。
原木はもう60年たっていますが幹は太く毎年たわわに花を付けています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする