寒さ対策した部屋にするには窓に工夫をしたらよさそうその貼り方を紹介

いよいよ寒い寒い冬がやってきます。
夜中に寒さで目が覚めたりしませんか?
かといってエアコンを付けっぱなしはもったいないし
ストーブを付けっぱなしは危ないし!
そこで簡単に出来る部屋の寒さ対策をご紹介します。
賃貸アパートでも大家さんに怒られない対策を!

スポンサーリンク

寒さ対策を部屋の中でするにはどこが効く!

日本の建材・住宅設備の団体協会が調べられた資料によると
冬期における熱の流出(外へ逃げていく熱)は
屋根  6%
開口部48%
床  10%
換気 17%
外壁 19%
屋根や外壁などと比べ、開口部つまり窓は48%と熱流出入が大きく、
日中は日差しを採り入れ、夜は流出を防ぐ対策が必要です。
二重窓などのリフォームをすれば一番効果があるのでしょうが
賃貸アパートで勝手にリフォームは出来ないですし、
大家さんに頼んでしてもらったら家賃が上がるかもしれません(笑)。
窓はガラス面ですから粘着材で貼ってしまっても剥がすことが出来ます!
なのでガラス面に素材を貼ることで二重窓効果をねらっていくことが
良いと思われます。

寒さ対策を部屋の窓にするには?

断熱シート プチプチ(気泡シート) ダンボール 新聞紙 ってところでしょうか

応急処置としてならダンボール、新聞紙でも効果あります。
でも日中は暗くなりますし、見栄えも悪い(プチプチが見栄えが良いとは思いませんが)。

断熱シートかプチプチが良さそうです。

断熱シートは、現在では種類も豊富に出ております。外光もよく通り見栄えも良いでしょう。
ガラスも割れみくくなるので防犯、地震対策にもなるのでははいでしょうか。
が、しかし寒さ対策の二重窓効果をねらうには、
魔法瓶効果(魔法瓶は真空かな?)、内側と外側の間に出来る空気層がありません!
それをねらうには、見栄えが多少犠牲になりますが
プチプチ(気泡シート)の方が期待出来るのではないでしょうか

スポンサーリンク

寒さ対策を窓にする貼り方は?

プチプチ(気泡シート)の貼り方ですが
プチプチはシートが片面のみのものと、両面にシートがあるものがあります。
もちろん空気層の効果を期待しますので、選べるなら両面シートのものを用いましょう。

市販の断熱プチプチシートは「水で貼れる!」というものもあります。
にしても表面がザラザラなガラスには貼れないようです。
凹凸したガラスには水では貼れず、両面テープを用いてください。
ただ強力両面テープは使用しない方がよさそうです。
ガラスでも粘着材が取れなくなるみたいです。(大家さんに怒られます)

市販の水で貼れる断熱プチプチシートは
1,ホコリや汚れを取るように窓を拭く

2,霧吹きなどで窓を水で濡らす

3,貼る面側を窓に貼り付ける

ガラス面に隙間無く貼りましょう。

まとめ

熱流出を防ぐ対策ですが、暖房の省エネ効果にも繋がるのではないでしょうか。

夏には外気からの熱流入を防ぐ効果もあると思われます、ただし一端上がってしまうと保温してしまうので要注意です。
最近はやりの夏場のエアコン付けっぱなしの節電には有効とおもわれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする