お雛様はいる?いらない?飾る時期しまう時期?感謝してご供養を

初節句にと、母親の実家から送られた雛人形あなたはいつまで飾りましたか?
昔は嫁入り道具の雛形という意味もあったそうですが、それで遊んだなんて思い出がある方はいらっしゃいますか?
多くの方が何年も押し入れの奥の方にしまい込んだままになっていると思います。
それも自分に祖母が贈ってくれた物なのか。それとはまた別にお嫁に行った娘に実家の母が贈った物だったりしませんか?
とても高価なものですし、贈ってもらった気持ちを考えたらなかなか処分なんて考えられませんね。

スポンサーリンク

1.お雛様って? いるの? いらないの?

雛人形は昔々あったお祓いだのわざわいを防ぐなどという節句の意義は薄れてきて、
女の子が健やかで幸せな成長を祝うの意味が中心になり、
子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ福をもたらすもの、縁起がいいものと飾り立てるようになりました。
姉妹がいる場合、子どもの災厄を身代りの雛人形は、(本来ならば)兼用を避け、
それぞれ別のものを飾らなければならないが、近年の住宅事情ではとても難しいですよ。
地域によっては妹には市松人形を贈る習慣がある所もあるようです。

とても高価な立派な雛人形なのでと
成人を迎えた親戚が自分の娘の雛人形を譲ってくれました。
なんてお話を聞いたこともあります。

2.お雛様を飾る時期は?しまう時期は?

いつ頃、お雛様を飾るといい?
一般的には、立春(節分の翌日)から2月中旬の春の日差しのおだやかなお日柄の佳き日に飾ります。
かわいいお子様のために、一月半ば過ぎの佳き日に飾られる方もいらっしゃいます。
遅くとも雛祭りの1週間前までには飾り付けを済ませてお楽しみください。

いつ頃、お雛様をしまういい?
節句の本来の意味からは季節の節目で早めに片付けるのも良いでしょう。
2週間を目安に、新暦なら3月の中旬頃まで、旧暦なら4月中旬くらいまでに収納しましょう。
昔から早く片付けないと、縁が遅くなると言われていますが、これは迷信です。
お雛様のためには、お天気の良い乾燥した日にお片づけてください。

3.お雛様を感謝してご供養する

ご家庭の事情もあると思いますが、七段飾りを少し小さくさせてもらって飾りやすくするものいいと思います。

スポンサーリンク

1:(一社)日本人形協会に送付して供養
http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/
毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」にてご供養してもらえます。
お人形差出キット「人形感謝(供養)代行」のサービスがあります。

供養代金:一箱5,000円(追加は一個につき2,000円)
箱の大きさは 縦+横+高さの合計が170cm以内で、重量が30kg以内のもの

※Web内下で全国各地で開かれる人形供養・人形感謝祭の予定を紹介されています。

2:桓武天皇勅願寺 長福寿寺
歴史を誇る由緒正しき人形供養です。
http://choufukujuji.com/kigan_1/index.html
毎月吉日を選び、お人形の火葬を厳修、お人形の魂を抜き、大事に大切に荼毘にて供養していただけます。

ひな人形一式1万円 (七段飾りは2万円)
何箱になっても構いません。
お近くの方はお持ち込みでも結構です

3:高野山真言宗 倉留寺
http://www.soryuji.jp/ningyou
一件毎にご供養をし、お焚き上げをしていただけます。

直接持参される方は、ご連絡の上開門時間内(9:00~20:00)までにお持ちください。

みかん箱1箱:2,000円(縦+横+高さの合計が110cm以内)
みかん箱より大きい箱1箱:3,000円
ひな人形1式:7,000円(何個でも可)

4:広島お人形供養会
http://www.12danya.co.jp/kuyou/
地元広島の人形専門店会が主催して、毎年10月20日広島市南区の比治山にある多聞院で行なわれています。

10月1日~10月18日(事前持ち込み、事前配送受付、18日が日曜の場合17日まで)、十二段屋人形店に持ち込みもしくは配送にて受付。
広島人形専門店会がお願いして多聞院さんのご好意により供養会が行なわれます。多聞院さんへの電話や問い合わせはご遠慮ください。

供養料は2,000円以上のご協力をお願いしています。

※Web内に全国で行なわれている人形供養(全国版)を紹介されています。
http://www.12danya.co.jp/link2.html

詳しくは、お雛様人形の供養処分の送り先を紹介

まとめ

祖母が贈ってくれた雛人形、その祖母と同じ年代の方々がいらっしゃる老人福祉施設(老人ホーム)などで引き受けてもらえたらとても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする