喪中はがきとはどんな範囲でいつ出すのか返事はどのようにするのか?

喪中はがきは冠婚葬祭でもよく目にする物ですが、
いざ自分の事になると、基本的なことがあまり分かっていないものです。
実際に
「誰が亡くなったときに出すの?」
「どこまでの相手に出すの?」
「いつまでに出すの?」
などで当事者になってお困りの方もおられると思います。
喪中はがきが初めての方や、改めて確認したい方のために
「喪中はがきの基本マナー」をまとめてみました。

スポンサーリンク

喪中とはどういうこと?

「喪に服する」という風習をご存じでしょうか?

近親者の死を追悼し、魂を鎮(しず)めるために慶事(おめでたい)ことを避けることを「喪に服する」といい、その期間を喪中といいます。

喪中はがきは喪に服している最中なのでおめでたい新年のあいさつを控えさせていただくことをお知らせするために送ります。

喪中の風習は世界中にありますが、国や地域によって内容が全く異なるようです。
日本国内でも地域によって微妙に異なり統一された決まりごとはありません。

そのために実は喪中はがきには「こうしなければいけない」という決まりごとは基本的にありません。
しかし、それで余計にわかりにくくなっているのかもしれません。

喪中はがきを出すのは?

現在、喪中は1年間というのが一般的です。
また、喪中の範囲としては、
・0親等・・・配偶者
・1親等・・・父母、子
・2親等・・・同居している祖父母、兄弟姉妹、孫
と言われています。
(戦前や家を中心とする考えの場合は少し違うようです。)

ですから、2親等で同居していない場合は年賀状を出しても問題ないのです。

ただし、3親等の場合でも、可愛がってもらった伯父伯母、叔父叔母や、可愛がっていた姪甥などが亡くなった場合も悲しいでしょうから喪中とする人もいます。

そもそも喪に服す行為は自分の気持ちの問題であり、
「自分にとって大切な身内を失い悲しみが深く、祝い事を行う気持ちになれません。新年おめでとうと言う気分でないため、年賀状を送るのも失礼させて頂きます。」
という意味なのです。

また、「年賀状(新年のあいさつ)を送らないでください。」という意味でもありません。そのため喪中はがきを送った相手から年賀状が届くこともあります。

喪中はがきは誰に送るの?

喪中はがきは新年のご挨拶を控えさせていただく欠礼状ですので、年賀状のやり取りや新年のあいさつをしている相手に出します。
・親族に送るの?
お互いに喪中である親族には省略することが多いようです。
・仕事関係はどうしたらいいの?
通常は年賀状のやり取りのあるすべての方に送るのですが、知らせることにより余計な気遣いをさせたくない場合や、プライベートな接点がない場合は、年賀状を出すこともあるようです。故人との関係や差出人の心情に合わせて判断して問題ないと思います。
・喪中の相手にも送っていいの?
「新年のご挨拶を控えさせていただきます」という欠礼状ですので、お相手が喪中の場合でも、喪中はがきは出すようにしましょう。

喪中はがきはいつ出すのがよいの?

11月~12月の初め、相手が年賀状の用意を始める前に送るのがよいでしょう。

これは喪中はがきのマナーではなく、相手への気遣いからこの時期に送るのが一般的とされてます。

年末に不幸があった場合はどうしたらいいの?

喪中はがきの投函時期を過ぎてしまっている場合は、どうしたらよいか悩まれると思います。

スポンサーリンク

時期によっては、相手が年賀状をすでに投函している場合もあるので、喪中はがきは送らずに寒中見舞いを送るとよいと思います。

寒中見舞いは喪が明けた松の内(元日から7日、また15日)以降に送ります。
その際には、いただいた年賀状へのお礼と年頭のあいさつができなかったお詫びを一言添えるとよいでしょう。

また、ご自身も年賀状を用意していた場合は、12月28日まででしたら郵便局で一般はがきなどに無料で交換してもらえるそうです。

どのような内容を書けばよいの?外せないポイントは?

喪中はがきの構成は一般的に以下のようになります。

① 喪中につき年始の挨拶を欠礼する旨
② 誰がいつ亡くなったか(続柄はあらぬ誤解をまねく恐れがありますので入れるようにしましょう)
③ 感謝の言葉などを一言
④ 日付など
⑤ 差し出し人の住所、氏名

注意点:
「喪中=おめでたいことを避ける期間」なので、一般的に慶事内容は書きません。また、近況報告や結婚報告、転居のお知らせ等の記載は基本的にマナー違反です。その場合は、寒中見舞いや別のはがきで改めて送るようにしましょう。

無料で文例集などがかなり出てますので、ご参考下さい。

喪中を知らせていない方から年賀を頂いた時

喪中を知らせていない方から年賀状をいただいたときには、松の内を過ぎてから寒中見舞いなどの返事を出すことが礼儀です。

喪中はがきが届いてその返事は?

喪中はがきを頂いた時の対応、返事をご紹介します。

簡単な順番から。

1.何もしない。年賀状も遠慮する。

2.松の内が明けてから寒中見舞いを送る。
松の内を過ぎた頃に寒中見舞いを出します。

3.年内に手紙を書き送る。(お悔やみと慰めの言葉)

4.来年の一回忌にお供えを送る。

また、喪中ハガキで初めて亡くなったことを知った時など。 今さら香典というのも気が引けますが、手紙を添えてご仏前にお供え物を贈ります。

お供えの品物に、 特に決まりはありません。 お線香やろうそく、好きだったお酒や食べ物などふさわしい品はそれぞれです。 故人をしのんでお選びするのが良いと思います。

まとめ

親族が亡くなると喪中かどうか非常に迷いますが、配偶者、両親、子供以外の場合は「自分が非常に親しかったかどうか」という付き合いの深さで決められるとよいと思います。
喪中はがきで相手のご不幸を知った場合は、年内か松の内過ぎてからお悔やみ申し上げるとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする