送別会で送る挨拶や男性向けの記念品に付ける寄せ書きの例文

春は別れの季節でもあります。
送別会で大変お世話になった先輩に送る挨拶や転勤する方の男性向けプレゼント・記念品に良い物、送別会での書くことになる寄せ書きや記念品に添えてもよいメッセージの例文をまとめました。

スポンサーリンク

1.送別会でお世話になった方へ挨拶を送る

大事なポイントは!
「お世話になりました」という気持ちをしっかり込めることです。
仕事を通じて学んだことやその時のエピソードを具体的に入れ込むと、相手もシミジミと回想できて、より感慨深いものになります。
ぜひ思い出して箇条書きにしておきましょう。

例1
◯◯先輩には入社当時から大変お世話になりました。
私の様々なミスに対し、時に丁寧なアドバイスやフォローをしていただいたこと、忘れません。
あの時の◯◯先輩の一言が今でも私の心の中にあります。
◯◯先輩から学んだことはこれから私達にとってかけがえのない財産となるでしょう。
新転地でも健康にご留意され就業なさってください。
◯年間本当にありがとうございました。

例2
この度、○○先輩がご栄転することを聞き 走馬灯のように思い出がよみがえりました。
思えば私が○○の時、○○してくれたのが○○先輩でした。
以来、○○先輩には○○で大変にお世話になり、時には厳しく、時には優しくご指導をいただき、とても感謝をしています。
○○で叱られたときは、正直、恨めしく思ったこともありましたが、 今となっては良い思い出です。そのおかげで今の自分があると思っています。
本当はまだまだ教えていただきたいことが、たくさんあるのですが、○○先輩の飛躍を考えれば、ご栄転も致し方がないのかなと思います。
今後の○○先輩の更なるご活躍と、ご健勝を祈って挨拶にさせていただきます。

例3
この度、○○先輩がご栄転することになり、正直、寂しい気持ちでいっぱいです。
○○先輩とは○○で苦楽をともにしてきた仲であり、○○先輩の○○なところが私にとっての目標でありました。
今後は自分が○○先輩の居なくなった穴を埋められるように努力しますので、○○先輩もどうか体に気をつけて、新しい職場で頑張って下さい。
今まで本当にありがとうございました

2.転勤者にプレゼントする男性向けの物は

予算的にいくらと決める必要はないと思いますが、負担があまり重くならない程度で集まった金額に応じて品物を決められたら良いと思います。
送別会と出勤最終日が別の場合は、最終日は花束贈呈にして、記念品は送別会の席上で渡すようにすると、よいと思います。

転勤する方が男性の場合の記念品・プレゼントですが
「自分では買わないが、あったらうれしいもの」を選ぶのが選ぶ際の、基本中の基本です。

ペンをはじめとする実用的な文房具を喜ぶ人が多いです。
部署全体など複数で贈る場合は、少し高めのペンを贈るのも良いです。
ブランド物も、文房具なら意外と嫌みなく持ち歩けるものです。
また、ペーパーナイフやホッチキス、レターオープナーなど、「“あると便利”だけれど、会社からはあまり支給されないアイテム」も、センスのよい物として喜んで使ってもらえそうです。
(はさみは”縁を切る”と縁起を気にする方もいらっしゃいますのでやめておきましょう。)

スポンサーリンク

大恩人中の大恩人への贈り物などでは、かなり特別な事情がある場合は別にして、一般的には、適度に消耗し、あまり形に残らないアイテムのほうが送別会ギフトには向いていることが多いです。
たとえば、毎日使う歯ブラシやシューケアのセットなどは、意外性やきちんと選んだ印象がありつつ、ほどよく消耗するアイテムなので、人を選ぶことなく気軽に贈ることができます。

贈る人が自分に近い存在の場合は、ハンカチ、タオル、靴下など気軽に身に着けられるものを選ぶのも良いかも。
相手の好みが分かっている場合は、お酒やペアグラスなどを贈るのもいいでしょう。
実用性を重視するなら、財布や名刺入れ、IDカードケースなどもお薦めです。

3.送別会での寄せ書きやプレゼントに付けるメッセージの例文

印象的な出来事がある場合には、そのエピソードを加えることが良いでしょう。

・○○プロジェクトのときは、本当にお世話になりました。恩返しができぬままで心残りですが、○○さんに教わったことは後輩へしっかり受け継いでいきます。ありがとうございました。

・長い間お疲れさまでした。○○さんから教わった事を忘れずに頑張っていきます。これまで本当にお世話になりました。ありがとうございました。

・今まで本当にお世話になりました。○○さんと一緒に仕事ができて良かったです。新天地でのご活躍をお祈っております。

・今まで本当にお世話になりました。とても寂しくなりますが、新天地でのご活躍をお祈りしております。

・お疲れ様でした。今までいろいろありがとうごさいました。新天地でも頑張ってください。

・今まで本当にお世話になりました。○○さんからたくさんのことを教わりました。その教えを忘れずにしっかりやっていきます。ありがとうございました。

・今まで本当にお疲れ様でした。新天地でのご活躍をお祈り致します。○○さんの仕事に対する姿勢や考え方はとても勉強になりました。

・○○さん、本当に長い間、お疲れ様でした。今後のご活躍とご健勝をお祈りいたします。

・仕事でもプライベートでも本当にお世話になりました。寂しくなりますが、○○さんらしく新天地でも頑張ってください。

まとめ

送別会の挨拶やスピーチは、どのような立場の人を対象とするのかによっても、言い回しなどに違いがありますが、基本は丁寧に行います。
フランクな職場であっても、最後は美しくです。お世話になった人への感謝の気持ちを、たったの数分間で納めるのは至難のワザかもしれません。
それでも、あえて短くすることで強い印象が残ります。伝えたいことは「感謝」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする