ノロウイルスの消毒液と消毒方法その前の予防法をまとめ!

ノロウイルスの感染力は非常に強く、わずか10~100個のウイルスでも感染し、
免疫力が弱い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こして重症化する場合があります。
もし家族が感染してしまったら、他の家族にうつらないよう家庭内で対策をしなければいけません。
感染者の嘔吐物の処理や使用後の消毒に使う消毒薬の作り方、またノロウイルスを予防するための方法を紹介します。

ノロウイルスの消毒液の作り方

ノロウイルスに対しては
塩素系消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。
(市販の次亜塩素酸ナトリウム:キッチンハイター、マイキッチンブリーチなど)
ノロウイルスはアルコール耐性なので、インフルなど用のアルコール消毒液では
無意味です。
次亜塩素酸ナトリウムは、希釈して(薄めて)使用します。

500mlの水に加えて作る場合に必要な原液(5%の場合)の量です。
(ペットボトルのキャップ(ふた)は約5ml)

濃度1000ppm(0.1%)消毒液
便や吐物が付着した床やおむつ等の消毒
キャップ2杯(約10ml)

濃度200ppm(0.02%)消毒液
衣服や器具などのつけ置き、トイレの便座やドアノブ、 手すり、床等 の消毒
キャップ半分弱(約2ml)

※作りたい消毒液の量によって、使用する原液の量が異なりますので、
必ず原液の濃度を確認してください。
なお、市販されている家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチなど)の濃度は、約5%です。

注意点
次亜塩素酸ナトリウムを使用する場合、商品に記載してある使用方法を確認して使用するほか、下記のことに注意してください。
・皮膚に対する刺激が強いため、手洗いなど人に対しては使用しない。
・使用するときは、消毒液が直接皮膚に触れないように樹脂製(ビニールなど)の手袋を使用する。消毒液が皮膚や衣服についた場合は、直ちに水で洗い流す。
・使用するときは、換気を十分に行う。
・他の洗剤とは混ぜない。特に酸性の強い洗剤と混ぜると有毒ガスが発生します。
・次亜塩素酸ナトリウムで施設や器具を消毒する場合、濃度が濃いほど、また作用させる時間が長いほど、ノロウイルスに対して有効ですが、反面、腐食作用や漂白変色します。上に示した消毒対象と必要な濃度は一つの目安です、消毒対象に対する影響が不明の場合は、最初は薄い濃度で試して、様子をみましょう。また、使用後は、必ず水で洗い流すかふき取ってください。
・金属に対しては腐食性があるため、原則使用しませんが、使用した場合は、使用後にしっかりと水で洗い流すかふき取ってください。
・薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなりますので、使うときに原液を希釈して必要な量だけ作り、作り置きしないようにしましょう。
・塩素は日光によって容易に分解するので、原液は直射日光の当たるところや、高温の場所には置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスの消毒方法

1:準備するもの
①スク、ビニール手袋、エプロン、長靴
嘔吐物や便を片付ける時
②ビニール袋
嘔吐物や便またはそれらで汚染されたものを密封できるもの
③ベーパータオルなど
消毒液を浸すことのできるもの
④部屋の換気には十分注意を!

2:嘔吐物や便の取り扱い
※嘔吐物は想像以上に広範囲に飛び散っているものです!
※食べ物のカスなどある場合は、消毒液の消毒効果を著しく低下させます!

・濃度1000ppm(0.1%)消毒液を浸したタオル等で拭き取ります。
・拭き取った後のタオルはビニール袋に入れ、密封します。
・嘔吐症状のある方の口の中には、嘔吐後も長時間ウイルスが残っていることがあります。 嘔吐した後、しっかりうがいさせましょう。
※ 注意※
次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒液は、人体には使用できません!

3:嘔吐物や便が飛び散った床など
嘔吐物や便の周りには、片付ける以外の人は近づけないようにします。
嘔吐物は想像以上に広範囲に飛び散っています。
床などの消毒する場合は、後で消毒できるように長靴を履くか、足元をビニール袋で覆う。

嘔吐物や便は濃度1000ppm(0.1%)消毒液を浸ましたタオルで、周囲から包み込むように静かに拭い取る。

使用したタオルはすぐにビニール袋に入れ、密封する。

拭い取った後の床は、濃度200ppm(0.02%)消毒液で拭く。

ウイルスは想像以上に飛び散ってますので、広範囲に周囲を消毒します。
10分程放置し、水拭きします。

4:嘔吐物や便が付着した衣類・シーツ・タオルなど
ビニール袋に入れ、密封し他のものを近づけない。
嘔吐物や便が付着しれば、ペーパータオルで除いてそのペーパータオルはビニール袋に入れ捨てる。

85℃に1分間以上加熱 又は濃度200ppm(0.02%)消毒液に30分以上浸漬し、その後他の物とは分けて洗います。
高温の乾燥機や乾燥後アイロン掛けすると消毒効果が上がります。

5:嘔吐物や便が付着した布団・ベットなど
すぐに洗濯できない物は、よく乾燥させ、スチームアイロンや布団乾燥機を使用する。

スポンサーリンク

6:ドアの便座・ドアノブ・手すりの消毒・有症者が使用した洗面所の消毒
トイレのドアノブ・便座・施設の床・手すりは、定期的に清掃し、濃度200ppm(0.02%)消毒液を浸したタオルで拭き、その後水拭きする。

部屋や廊下は定期的に換気する。

嘔吐された後の洗面所、うがいの後の洗面所も忘れずに流水で洗浄した後、濃度200ppm(0.02%)消毒液を用いて消毒しましょう。

7:ベビーグッズ・おもちゃの消毒
ベビーグッズ・おもちゃは、洗剤でよく洗ったあと、濃度200ppm(0.02%)消毒液(市販ミルトン4L専用容器を使用する場合:水3920mL、ミルトン80mL)に浸します。

10分間浸した後取り出して、水でよく洗い乾燥させます。

ノロウイルスの予防法

ノロウイルスは、インフルエンザと異なり空気感染することが少ないウイルスなので下記二つの可能性が高いです。
ノロウイルス感染者の嘔吐や下痢などの汚物が乾燥し強風にあおられ口腔内に入る粉塵感染
ノロウイルス感染者のくしゃみや嘔吐などが飛沫状に舞い上がり感染する飛沫感染

予防方法
1. 手洗いの励行
最も基本的なことは、手洗いの励行。(特にトイレの後、便や吐物を処理した後、調理の前、食事の前など)手洗いは石けんを使用し、しっかりと流水で洗い流す。

2. 消毒
ノロウイルスに対しては、熱湯または次亜塩素酸ナトリウム による消毒が有効。
(1) 調理器具の消毒が大切です。
まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯による消毒が有効。
(2) ウイルスが付着した衣服や器具、施設なども消毒する必要あり。
洗ってしまった衣類は乾燥機やアイロンをあてれば熱消毒効果があります。

3. 感染者の便、吐物の処理
感染者の便、吐物には多量のウイルスが含まれていますので、取扱いには十分注意してください。

4.マスク着用
ノロウイルス感染者が近くにいる時はマスクを着用する。

5.食品の十分な加熱
ウイルスが含まれている可能性のある食品は、中心部までよく加熱をする。

手洗いのポイント
* 手洗いは、 手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。 調理・配膳・食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後などには必ず行いましょう。

* 常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。

* 石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

* なお、消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用います。
(ノロウイルスはアルコール耐性です。)

まとめ

ノロウイルス対策の消毒液は濃度1000ppm消毒液・濃度200ppm消毒液の2種類を作っておけば消毒、嘔吐処理、予防までまかなえます。

キッチンハイターやマイキッチンブリーチは常備している家庭が多いと思うので、家族が急に嘔吐したり下痢をしたという時は、水で希釈対応してください。

スプレーボトルに詰めて常に置いておくとよいと思うます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする