毛玉の出来たセーターを簡単にキレイにする方法と防ぎ方のまとめ

せっかく買ったお気に入りのセーター、さぁまた着ようと思ったら毛玉!
おしゃれなニットやお気に入りのセーターに毛玉ができてしまい、
ガッカリした経験をされた方は少なくないはず。
お店のクリーニングに出すのが一番手っ取り早いとは言っても、毎回クリーニングに頼んでは出費も時間もかさみます。
そこで毛玉のできてしまう原因?、できてしまったら?、できないように!
ができたら・・・。

スポンサーリンク

毛玉が出来る原因?

原因1:着用中の摩擦

局部的に繰り返し、または連続で摩擦の加わる場合に多く見られます。繊維同士や繊維が他の物体と擦りやすい箇所に知らぬ間に毛玉ができていたりします。
見落としがちなのがリュックサックやショルダーバックなどによるもので、接触する部分に毛玉を発生します。それ以外には、重ね着よる摩擦でもできます。

原因2:洗濯時の摩擦

これも繊維同士や繊維が他の物体と擦れやゴワゴワした硬めのものと一緒に洗濯すると部分的に毛玉が発生します。

原因3:多頻度の使用

セーターはもちろんですが、男性だとスーツ、女性だと毎日羽織るカーディガンなど、使用頻度の高いものほどに毛玉はできやすくなります。
着用時間の長い衣料や洗濯回数の多い衣類なども発生しやすい傾向があるようです。

原因4:素材によるもの

アクリルやポリエステルといった合成繊維による製品は価格も安く、保管時には虫食いにあうリスクもありませんが、毛玉になり易い素材です。
強い繊維であり故にしっかり表面に留まるから毛玉になります。

ウールやカシミヤやアンゴラなどの動物繊維による製品は、どちからといえば価格は高いですが、高級感や機能性もあり、毛玉も出来にくい素材です。
毛玉が出来ても表面に留まらずポロっと自然と落ちるからです。

自然繊維(綿、ウール、など)と化学繊維(アクリル、ポリエステルなど)の
混紡品も毛玉ができやすいようです 。
羊毛などの動物繊維は、自然に毛玉が脱落しますが、強度のある合成繊維は表面に絡み合って脱落せず、合成繊維が使用されているとその分毛玉が出来やすいようです。

毛玉の取り方は?

厳禁は、手でブチっとむしり取ることです!

1:玉取り器

毛玉取り器は今でも表や見た目の形を変えただけで販売されています。ですが悲しい思いをしてしまう人も大勢おられます。

2:T字のカミソリ

100円ショップで売られている安物でもOKです。切れ味の良い新品をおすすめします。
テーブルや床など、硬くて平らな場所に毛玉のついたニットを広げます。そこで、T字カミソリの刃を毛玉に優しく滑らせ毛玉だけを切り離す感じです。簡単に毛玉が取れます。
あまり強くしすぎると、衣類の繊維が傷ついたり、衣類に穴が開いたりしてしまうので注意です。

スポンサーリンク

3:スポンジのザラザラ面

未使用の、片面に硬いザラザラがついているタイプの食器用スポンジです。
これも100円ショップで売っているもので十分です、ザラザラがついているものではないと効果が得られません。
この方法、実はクリーニング店でも推奨している方法のようです。
毛玉がたくさんついた服をスポンジの硬い方で擦ってやるだけでキレイに毛玉が取れる。
注意点
毛玉を取るときは無理に力を入れ過ぎてしまうと、繊維が引っ張られ衣類が傷んでしまうので、スポンジは力の入れ加減が多少難しいのです。

4:紙ヤスリ

目の細かいヤスリでなでるように取ります。スポンジと同じ原理です。
ホームセンターで1枚75円程度で売っているので、試してみる価値はありそうです。

1.ヤスリをガムテープくらいの幅の帯にカット
2.筒状にまるめて、穴に指を通す。
3.ヤスリ面をやさしく、くるくると滑らせて毛玉を取る。
まずは少し服の端っこで試してみるとよいでしょう。

5:歯ブラシ

『意外!』と思われるでしょうが、歯ブラシは毛玉取りには最適な便利アイテムです。
ポイントは、毛先をカットして使うです。
山切りにジグザグにカットすることで、毛玉をよりブラシに絡みやすくすることができます。
元々ブラシの形が山切りになっているのであれば問題ありませんが、平切り型の場合は毛先をカットしてから使うことをおすすめします。
硬くて平らな場所でニットの毛玉にブラシを優しくこすりつければ、面白いくらいに毛玉が取れます。

6:ラップやアルミホイルの箱の刃

ラップやアルミホイルの箱の端に付いている、ギザギザの刃も毛玉取りの便利アイテムです。
使い終わったラップやアルミホイルの刃の部分は、捨てずに残しておきます。
ポイントは、刃は適度な長さに切って使うことです。
そのままの刃の長さで使ってしまうと衣類に穴を開けたり、手を怪我してしまう恐れがありますので、自分が使いやすいサイズにカットして使うようにします。
カットしたら、カミソリと同じ要領で毛玉を優しく刈り取ります。

毛玉を出来にくくする方法は?

毛玉の正体は、「汚れ」ではなく、繊維が玉状になったものです。つまり、毛玉は衣服を形成する繊維そのものを刈り取っていることになり、衣服を傷付けているといっても過言ではありません。
なので、衣服の寿命を短くすることになりますので、「毛玉が出来たら毛玉取りで取ってしまえばいいや」というのではなく、出来るだけ毛玉取り器の出番がないよう、やはり毛玉が出来ないようにする日頃のケアを心がけるようにしてください。
衣服を痛めないことを最優先にするのであれば、「毛玉を受け入れる」というスタンスを取ることも選択肢のひとつですが・・・、そうはいかないですよね。

1:着用中の摩擦

大切なニットを長く楽しむためにも、普段から着ている間の摩擦には気をつけましょう。
脇(わき)や袖(そで)の内側、もたれる部分の背中、ベルトのあたる部分などです。
リュックサックでは、肩ベルトが衣服の肩部分と摩擦を起こし、また、背中部分も本体と摩擦を起こす箇所です。
ショルダーバックでも、同じく肩ベルトや前見頃部分、バック本体が接触する腰部分が摩擦を起こします。
毛玉のことを考えてニットを着る時は
・リュックサック、ショルダーバックは使用しない。
・できるだけ背もたれに寄りかからないようにする。
・コートは滑らかな素材のものを選ぶようにする。
・ニット同士の重ね着を避ける。
・バッグとの摩擦にも注意をする。

あと、同じものばかりを着ないようにする。

2:洗濯方法

洗濯をすると、衣類同士がこすれ合うため、摩擦が生じそれが毛玉の原因となり、繊維が絡み合うことで毛玉が作られてしまいます。
ポイントは
・繊細な生地は手洗いします。優しく洗うならやっぱり手洗いが一番です。
・きつめの洗濯ネットに入れて洗います。生地同士に動く余裕があると摩擦が大きくなります。
裏返して洗います。生地表面を外部の刺激、摩擦から守ります。
柔軟剤を使います。摩擦の原因でもある静電気予防につながります。

自分でお洗濯する場合はこれだけで毛玉の量が軽減されます。それでも気になるようであれば、ドライクリーニングに出します。

ちなみにうちでは、衣類を裏返しにして、洗濯ネットに入れて洗濯をしています。
(ネットに入れるニットは一枚だけにします。)

まとめ

お気に入りのニットを長く綺麗に保つためには、毛玉を作らないのはもちろん、マメに毛玉を取り、大事に保管することが大切です。

毛玉だらけのくたびれたニットを着ているよりも、新品同様(毛玉レスな)のニットを着ている方が、心も気分も全然違ってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする